きりたんぽのさいとうブログ


by kiritanpo3110

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ブログパーツ

検索

メモ帳

きりたんぽの斎藤昭一商店がつづるスタッフブログ。

新商品情報だけでなく、秋田の今を徒然にだらだらと書き散らかします。

オンラインショッピングはこちら
http://www.kiritanpo.com

カテゴリ

全体
きりたんぽ
スタッフが語る思い入れ商品
なんか気になっちゃうアイテム
秋田おすすめの店
小話し
メディア露出情報
秋田の山
イベント☆SALE
秋田の祭り・イベント
秋田の温泉

以前の記事

2015年 02月
2015年 01月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月

お気に入りブログ

タグ

その他のジャンル

最新の記事

「全国お取り寄せグルメガイド..
at 2015-02-23 11:25
きりたんぽで恵方巻をつくって..
at 2015-01-30 13:57
秋田県内で限定出荷!天寿大吟..
at 2014-06-11 10:46
今だけ☆半額☆きりたんぽ鍋セ..
at 2014-04-14 09:32
春分の日★もうすぐ4月
at 2014-03-21 10:29

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東北
登山

画像一覧

雪の茅舎 蔵見学に行ってきました!①

私自身、とても思い入れのある商品・・・・!

c0108652_10483497.jpg

雪の茅舎 純米吟醸 生酒

去年、このお酒を飲んでみて・・・
「いつか!このお酒を紹介したい!!!」と強く想ったお酒です。

晴れてこのお酒を販売できることにかこつけて、この酒蔵「齋彌酒造」さんに行ってきました。


秋田県は由利本荘市にあるこの蔵は、今まさに仕込み真っ最中!

なな、なんと。
酒米が蒸し上がった現場に遭遇することができました(^O^)/

c0108652_10462212.jpg

高橋杜氏が蒸し具合をチェック

c0108652_1050895.jpg

ひねり餅、というのだそうです。
蒸した米をこうしてひねって、麹菌の振り方などを決定するんだそう。

c0108652_1051441.jpg

酒米冷却機で米を冷やしつつ、麹菌を振りかけていきます。
こういう麹菌のかけかたはとても珍しいんだそうですよ。

c0108652_105345.jpg

ここに並んでいるのは若き蔵人の方々。杜氏の動作を一挙手一投足見て勉強中なのかしら?と思いきや・・・

c0108652_1056497.jpg

お?酒米を・・・かごにいれて・・・・

c0108652_10572427.jpg

そのかごをかついで・・・・

c0108652_10583232.jpg

ダッシュ!

c0108652_1059589.jpg

次々と蔵人がダッシュ!!

麹室まで酒米を蔵人が走って運ぶこの光景は、どうやらこの蔵の名物のようです。
初めて見ました・・・

c0108652_1144492.jpg

さて、次は麹室です。ここの麹室は秋田杉を使用しています。なんて贅沢!!
「秋田杉」って言葉にすれば一言で終わるものですが、これだけの杉を贅沢に使うなんてことは簡単にできることでは無いと思います。
同じく「秋田杉」の串を何百本も使っているのを見ている私としては、この麹室にはため息が出ました。

c0108652_11134661.jpg

麹も見せていただきました。とてもサラサラ。食べてみると甘いんです。

c0108652_11151393.jpg

高橋杜氏から、ホントにたくさんのことを伺いましたね。
毎年テーマを決めてお酒づくりをしているのだそうです。
今年のテーマは「センス」。

センスのある酒にしたい、とのこと。
50年も酒づくりをして来られて、
未だに、未だに、こたえを探し続ける姿には、ホント胸が熱くなりました。


(お酒の)タンクの中に、必ずこたえがあるんです

と仰っていました。

ちょっと長くなってしまったので、続きます

---続く
[PR]
by kiritanpo3110 | 2011-12-10 11:21 | スタッフが語る思い入れ商品